生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真

2/23(金・祝)~4/14(日)

東京ステーションギャラリー
東京都千代田区丸の内1-9-1 (JR東京駅丸の内北口改札前)

日本写真史において傑出した存在として知られる安井仲治(1903~1942)の20年ぶりとなる回顧展。戦災を免れたヴィンテージプリント約140点、ネガやコンタクトプリントの調査に基づいて制作されたモダンプリント約60点のほか、さまざまな資料を展示。
月曜休館(4/8開館)。一般1,300円、高校・大学生1,100円、中学生以下無料。

「蛾(二)」1934年、個人蔵(兵庫県立美術館寄託)
「(虫)」1938年頃、個人蔵(兵庫県立美術館寄託)
「作品」1939年(モダンプリント制作:2023年)
東京ステーションギャラリー
東京ステーションギャラリーの公式サイトです。東京ステーションギャラリーは1988年から東京駅丸の内駅舎内で活動を続ける美術館です。開館以来、駅舎の構造を露わにしたレンガ壁の展示室と、ユニークな展覧会で親しまれています。