創建1200年記念 特別展「神護寺 ― 空海と真言密教のはじまり」

2組4名様

7/17(水)~9/8(日)
前期:7/17(水)~8/12(月・振)
後期:8/14(水)~9/8(日)


東京国立博物館 平成館
東京都台東区上野公園13-9

真言密教の出発点である京都・高雄の神護寺。平安初期彫刻の最高傑作である国宝「薬師如来立像」や、約230年ぶりの修理を終えた国宝「両界曼荼羅(高雄曼荼羅)」など、空海ゆかりの宝物をはじめ、神護寺に受け継がれる貴重な文化財約120件を紹介。
月曜休館(8/12開館、8/13は総合文化展は開館)。
一般2,100円、大学生1,300円、高校生900円、中学生以下無料。
会期中、一部展示替えあり。

重要文化財「弘法大師像」鎌倉時代・14世紀 京都・神護寺蔵
通期展示
国宝「伝源頼朝像」鎌倉時代・13世紀 京都・神護寺蔵
前期展示:7/17(水)~8/12(月・振)
国宝「釈迦如来像」平安時代・12世紀 京都・神護寺蔵
後期展示:8/14(水)~9/8(日)
国宝「山水屛風」 鎌倉時代・13世紀 京都・神護寺蔵
後期展示:8/14(水)~9/8(日)
国宝「薬師如来立像」平安時代・8~9世紀 京都・神護寺蔵
通期展示
国宝「五大虚空蔵菩薩坐像のうち法界虚蔵菩薩」平安時代・9世紀 京都・神護寺蔵
通期展示
「十二神将立像のうち辰神」 吉野右京作 江戸時代・17世紀 京都・神護寺蔵
通期展示
創建1200年記念 特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」
空海も見つめたご本尊 京都から上野へ/2024年7月17日(水)~9月8日(日)/東京国立博物館 平成館(上野公園)