リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏

9/30(水)~11/29(日)

サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F

日本ならではの美意識に根ざした、目に見えていない(=裏)魅力、面白さを約70件の所蔵作品で紹介。
火曜休館(11/3・11/24開館)。
一般1,500円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料。
会期中展示替えあり。

「東海道五十三次(隷書版)」 歌川広重 江戸時代 弘化4年~嘉永5年(1847~1852) サントリー美術館
サントリー美術館
サントリー美術館は、国宝、重要文化財を含む約3,000件を所蔵し、絵画、陶磁、漆工、ガラスなどの日本美術を中心とした企画展を開催しています。東京・六本木、東京ミッドタウン内にあり、shop×cafeや茶室「玄鳥庵」など、心地良い時間を過ごせる施設も充実しています。