分離派建築会100年展 建築は芸術か?

前期:10/10(土)~11/10(火)
後期:11/12(木)~12/15(火)


パナソニック汐留美術館
東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F

大正時代、日本で最初の建築運動とされる分離派建築会。図面、模型、写真、映像、関連する美術作品により、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返る。
水曜休館。
一般800円、65歳以上700円、大学生600円、中・高校生400円、小学生以下無料。
会期中、一部展示替えあり。

森田慶一
「京都大学楽友会館」
1925年(大正14年)
撮影:2020年(令和2年)、若林勇人
パナソニック汐留美術館 Panasonic Shiodome Museum of Art | Panasonic
パナソニック汐留美術館(東京・汐留)ではフランスの画家ジョルジュ・ルオーのコレクションを常設・企画展で一般公開するほか「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとした企画展を開催しています。