イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 ― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン

開催中 ~2022年1/16(日)

三菱一号館美術館
東京都千代田区丸の内2-6-2

印象派に先駆けたクールベ、コロー、そしてモネ、ルノワール、ポスト印象派のセザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーガン、画風を前衛的に発展させたナビ派のボナールなどの作品69点を厳選し、印象派の光の系譜をたどる。
月曜休館(11/29・12/27・1/3・1/10開館、12/31・1/1休館)。
一般1,900円、高校・大学生1,000円、中学生以下無料。

ピエール=オーギュスト・ルノワール「花瓶にいけられた薔薇」1880年頃、油彩/カンヴァス、58.8 x 74.1 cm、イスラエル博物館蔵 Photo ⓒ The Israel Museum, Jerusalem
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 ― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン|三菱一号館美術館(東京・丸の内)
イスラエル博物館から日本初公開作品多数来日!印象派、ポスト印象派、さらにナビ派など約70点を厳選し、印象派の光の系譜をたどります。