柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」

10/26(火)~2022年2/13(日)
前期: 10/26(火)~12/19(日)
後期:12/21(火)~2022年2/13(日)


東京国立近代美術館
東京都千代田区北の丸公園3-1
工芸を通して生活と社会を美的に変革しようと試みた柳宗悦(やなぎむねよし)の没後60年を記念して、陶磁器、染織、木工、蓑、ざる、大津絵、出版物など、450点以上の作品と資料により、民藝の試みを俯瞰的な視点からとらえなおす。
月曜休館(1/10開館、12/28~1/1・1/11休館)。
一般1,800円、大学生1,200円、高校生700円、中学生以下無料。
オンライン予約者優先。
会期中一部展示替えあり。

「スリップウェア鶏文鉢(とりもんはち)」イギリス 18世紀後半 日本民藝館
[公式]柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」@東京国立近代美術館
東京国立近代美術館にて開催する柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」公式サイトです。民藝の思想の種がまかれてからおよそ100年間。時代とともに変化し続けた民藝の試みを俯瞰的な視点からとらえなおします。