ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

6/29(水)~9/26(月)

国立新美術館 企画展示室2E
東京都港区六本木7-22-2

ドイツ・ルートヴィヒ美術館の、20世紀初頭から現代までの優れたコレクションから、マレーヴィチ、ピカソ、ウォーホルなど、厳選した152点を紹介。
火曜休館。一般2,000円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料。
事前予約制(日時指定券)。

ワシリー・カンディンスキー「白いストローク」 1920年 油彩/カンヴァス 98.0 × 80.0 cm Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 10003. (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_d056273_01)
ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
ドイツ・ケルン市が運営するルートヴィヒ美術館の優れたコレクションから、アンディ・ウォーホル、パブロ・ピカソ、ロイ・リキテンスタインなど代表作の数々をご紹介します。2022年6月29日(水)~9月26日(月) 国立新美術館で開催。