ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode

6/18(土)~9/25(日)

三菱一号館美術館
東京都千代田区丸の内2-6-2

シンプルかつ洗練された服で1920年代の新しい女性像を先導したガブリエル・シャネル(1883~1971)。スーツ、リトル・ブラック・ドレス、コスチューム・ジュエリーやシャネルN°5など138点の作品を紹介。
月曜休館(6/27・7/18・7/25・8/15・8/29・9/19開館)。
一般2,300円、高校・大学生1,200円、中学生以下無料。

ガブリエル・シャネル ドレス 1966年春夏 絹モスリン、グログラン パリ、パトリモアンヌ・シャネル ⓒJulien T. Hamon
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode|三菱一号館美術館(東京・丸の内)
「20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー」といわれるガブリエル・シャネル。彼女の仕事に焦点を当てた日本では32年ぶりの回顧展。