泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅳ
不変/普遍の造形 ―住友コレクション中国青銅器名品選―

1/14(土)~2/26(日)

泉屋博古館東京(せんおくはくこかん とうきょう)
東京都港区六本木1-5-1

中国青銅器の名品約90点について、種類、文様、青銅器にある謎の古代文字・金文、鑑賞の歴史など、丁寧な解説で紹介。3Dのデジタルコンテンツも公開。
月曜休館。
一般1,000円、高学生600円、中学生以下無料。

スライドトーク
2/10(金)、2/24(金)各回とも14:00~
講師:山本堯(泉屋博古館学芸員)
定員:40名(予約不要・当日11:00より整理券配布)。参加費無料、要入館料。

港区内3館をめぐる中国古代青銅器デジタルスタンプラリー
1/14(土)~2/5(日)
スポット:根津美術館・松岡美術館・泉屋博古館東京
参加特典:3箇所のスポットを巡り、スタンプをすべて獲得すると「おでかけしきょうそん」(3D ARフォトフレーム)をプレゼント。

「鴟鴞尊(しきょうそん)」
殷後期(前13-12世紀)
泉屋博古館蔵
尊は、祭祀用の酒器。鴟鴞とはフクロウやミミズクで、かわいらしい見た目とは裏腹に、中国古代では鴟鴞は不吉の鳥とされた。
「虎卣(こゆう)」
殷後期(前11世紀)
泉屋博古館蔵
卣は取っ手がついた祭祀用の酒器で、目を見開き、大きな口を開けて人をかかえる虎の形になっている
「金銀錯獣形尊(きんぎんさくじゅうけいそん)」
北宋 (10-12世紀)
泉屋博古館蔵
ロバのような、ウサギのような姿の動物をかたどった祭祀用の酒器で、背中に蓋がつき、内部に液体を貯めることができるようになっている
「戈卣(かゆう)」
殷後期(前 12 世紀)
泉屋博古館蔵
この卣(盛酒器)は背中合わせとなった2羽のミミズクをかたどっている。蓋と器内底に「戈」の銘をもつことからこの名で呼ばれる 。
「円渦文敦(えんかもんたい)」
戦国前期(前5世紀)
泉屋博古館蔵
蓋の頂点に大きな円渦文がある、穀物を盛る器
泉屋博古館東京 <六本木> | SEN-OKU HAKUKOKAN MUSEUM TOKYO
泉屋博古館東京<六本木>のWebページです。展覧会・イベント情報やお知らせなどの発信、館蔵品のご紹介など。