猪熊弦一郎展『いのくまさん』

開催中~6/25(日)

茨城県近代美術館
水戸市千波町東久保666-1

多彩な創作活動で知られる香川県出身の画家・猪熊弦一郎(1902~1993)。本文を詩人・谷川俊太郎が担当した絵本『いのくまさん』をもとに構成した、大人も子供も楽しめる展覧会。
月曜休館(5/1開館)。
一般1,000円、満70才以上500円、高大生730円、小中生370円。
土曜日は高校生以下無料。6/10(土)満70歳以上無料。

講演会「猪熊弦一郎と『いのくまさん』」
5/14(日)14:00~15:30
講師:古野華奈子氏(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館学芸員)
会場:地階講堂 定員:250名(申込不要、参加無料)

学芸員による鑑賞講座「猪熊弦一郎と彼をめぐる人たち」
5/28(日)14:00~15:30
講師:山口和子(本展担当学芸員)
会場:地階講堂 定員:250名(申込不要、参加無料)

猪熊弦一郎「猫によせる歌」1952年
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 Ⓒ公益財団法人ミモカ美術振興財団
猪熊弦一郎「金環食」1987年
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 Ⓒ公益財団法人ミモカ美術振興財団
猪熊弦一郎展『いのくまさん』
猪熊弦一郎(1902-1993)は香川県に生まれ、東京美術学校で油彩画を学びました。1936年に仲間たちと新制作派協会を結成。東京、パリ、ニューヨーク、ハワイと拠点を移しながら、様々な芸術家たちと交友し、彼らに刺激を受けつつ独自の画風を追究...