そこにある茨城ロケ地ガイド「つくばセンター広場」

近未来的な空間

イタリア・ローマのカンピドリオ広場を反転した幾何学的なデザインの広場で、建築家・磯崎新の代表作。1983年に完成した、ノバホール(コンサートホール)、ホテル、ショッピングモールなどの複合施設・つくばセンタービルの一部。夏季は水が流れ、秋には多くのイベントが開催される市民の憩いの場で、近未来的な景観から、ドラマや映画、特撮ヒーロー作品等にも使われる。
        
つくば市吾妻1丁目
入場自由
交通:つくばエクスプレスつくば駅下車。

イタリア・ローマのカンピドリオ広場のような広場
霞ヶ浦の形状に水が流れる。右上は、彫刻家・長沢英俊がギリシア神話「アポロンとダフネ」の物語に着想を得て制作した彫刻「樹」(月桂樹)
PAGE TOP