ライター“kotobuki” 編集部“A2C”のラーメンこの一杯 SLURP.22

いーじーぷれす 2022年6月号掲載

活龍大衆麺処 真壁屋 / 魚介豚骨つけ麺 590円

 真壁屋の店長である保科さんとは、昵懇なラーメン屋さんが開催する会合で偶然に知り合い、その誠実で聞き上手な人柄に惹かれたkotobuki。数日後、ご挨拶がてら真壁屋を訪ねたところ、突出したリーズナブルさ、それでいてしっかり美味しいこと、お店を包む優しく穏やかな雰囲気に、すっかりお気に入りラーメン店と認識した次第です。
 お得感満載なリーズナブルさの背景にあるもの。一つ、セントラルキッチンであること。一つ、ご愛顧くださる大勢の利用者に対する感謝。それらに加えて、数多の創意工夫が施されていることは想像に難くない。
 600円でお釣りが来る魚介豚骨つけ麺を食すkotobuki&A2C。10年以上前に初めて活龍の暖簾をくぐり、斬新極まれりの美味なるつけ麺を啜った、あの瞬間のインパクトが明確によみがえる。手軽な値段で気軽に訪れ、そして確実に美味しいメニューで世の麺喰いたちを幸せにするお店だと、我々は確信しましたよ。その点が本当に尊いことだと思う。
text:kotobuki

昭和の中華そば

活龍大衆麺処 真壁屋
つくば市天久保2-6-26