ライター“kotobuki” 編集部“A2C”のラーメンこの一杯 SLURP.23

いーじーぷれす 2022年7月号掲載

麺処 大木 / 鶏清湯(あっさり) わんたんめん 800円

筑西市関城エリアの飛行場通り沿いで独立開業を果たし8年。現在では地域に根ざした人気店として堂々の存在感を放ってます。OPEN直後にも行ったし、ご近所さんと何回も飲みに行き申した。やや期間が空いたけど、先日食べに訪れた時には「嗚呼やっぱりバランスの取れた美味しいラーメンだなぁ」と感嘆。具材そのものと旨味がミッチリ詰まったわんたんは、どのラーメンにもトッピングできるし、サイドメニューのわんたん皿でも堪能できます。永遠に無限喰いしたいと感じるテイストです。
 ご店主の大木さんと親しく話をするようになったのは、名立たるラーメン店の皆さんが集うボランティア活動を通して。大木さんはとりわけ優しく柔らかい雰囲気で周囲を和ませてくれる。どの品目もシンプルにして彩りの美しいビジュアル。調和のとれたラーメン好きの心に沁み入る味わい。丼の中の優しい世界観を構築する礎は、作り手の優しいお人柄にあるものと、kotobukiは改めて確信いたしましたぞ。
text:kotobuki

昭和の中華そば

麺処 大木
Twitter