ライター“kotobuki” 編集部“A2C”のラーメンこの一杯 SLURP.24

いーじーぷれす 2022年8月号掲載

麺彩 こはね / こはね白醤油そば 850円

 あっさりクリア。美しく透き通ったスープ。選べる細麺と縮れ麺はその日の気分で選ばれし。いずれも大変に美味しいので。チャーシューを始めとする具材も手間隙かけた珠玉のラインナップなり。個人的感想で総括するならば、ファーストコンタクトで「優しい味わいの極致」と感じるも、箸とレンゲを進めれば、さらなる奥深きテイストがこれでもかと重なり続ける。嗚呼、堪らない。ちゅるちゅるハッピーです。
 近年、茨城県内を席巻する活龍グループの中枢で約10年間ラーメンづくりに従事し、満を持して麺彩こはねを創設させたご店主の加藤さん。総合的なスキルの高さは無論のこと、人望の厚さが凄まじい。OPENからの数日間で麺彩こはねの暖簾をくぐった茨城ラーメンに関係する実力者たちは枚挙に暇(いとま)がない。初日には古巣の総帥が激励に訪れ、現・活龍本店の店長が調理サポートにまわった。これって凄く凄いことだと思う。余談ですが、開店日の七夕からの僅か2週間で、kotobukiはすでに4回食べに来ています。
text:kotobuki

DSC_0628

麺彩 こはね
筑西市二木成1023